• jisatsudame.comで検索

     さて、ハッキリと言いますが、当サイトの管理人である、この齋藤健一の場合、食欲よりも性欲の方が圧倒的に興味があります。

     今までアダルトなお店には、一回で数万円とか何度も支払ってきました。でも、食事には、千円以上の外食費を費やしたことなんて、殆どありません。

     いつも、大抵の外食費は、千円以下です。一年位前に、ガストで、エビフライとハンバーグとライスとコーンポタージュのセットで、ギリギリ千円を超えたことがあったような・・・という程度です。

     いつも大抵は、吉野家とかマクドナルドとかで、540円程度以内で済ませてしまいます。780円とかになると、う~ん・・・と悩んでしまいます。

     でも、この前、家系ラーメンのとあるお店に、車検でスバルのディーラーに預けている間の昼間の食事で行きましたが、その時は、最初に780円の辛いラーメンを注文し、その後、追加で250円の餃子を注文しました。

     でも、そんなことは滅多にありません。大抵は、マクドナルドが近くにあれば、クーポンを使用して、150円のポテトLサイズと、同じくクーポン使用でチキンマックナゲット150円一つ、そしてチキンマックナゲットのバーベキューソースとマスタードソースの二つをもらい、あとは100円のSサイズのミルクティーを注文して、腹ごしらえをする、という、なんともみすぼらしい内容なのです。

     そして今後も、そのような外食状況は、劇的には改善されないでしょう。どうしても、性欲方面には多大なる出費をしてしまったとしても、食欲関連には、殆ど出費はしないでしょう。ごく最低限にて済ませてしまうでしょう。

     う~ん、でも、やはり、私であっても、金があれば、そりゃ、多少は良いお店で食事をしたいと思っています。

     大戸屋という定食屋が、神奈川県の平塚市の平塚駅前に現在はあります。外にメニューが書いてあるのですが、それを見ると、やはり吉野家の牛丼並盛とサラダとみそ汁セットよりかは、最低でもあと数百円は上乗せしなければ食べられない値段設定となっています。

     ハッキリ言って、私は、今の私は、その金を惜しいと思ってしまいます。その位、今は金欠なのです。金が無いのです。いや、金があったとしても、それは性欲方面に使用してしまうのです。

     これが正直な感想です。寿司にしても、カウンターのお店になんて、怖くて入りたくはありません。あんなカウンターのお店では、ポケットティッシュを取り出して鼻をかむということさえも、なんだかしてはならないような感じなので、とてもじゃないが、私如きが気軽に入れる店ではない。

     以前、ブランド物に魅了されていた時が一時期ありました。その時に、新宿のルイ・ヴィトンのお店に入り、背伸びして約62000円の財布を買いました。

     でも、それは結局、捨てました。今はイオンで買った女性ものの二千円台の財布を使用しています。

     人間、身の丈に合った品を身に着けるのが最良なのです。無理して高級ブランドを買ってみましたが、一点のみ背伸びしても、却って格好悪く、ブランド物に対する執着心を捨て去る為に、その財布は売らずに捨てました。

     だから、当サイトでも、金も無いのに、松坂牛を注文するようなことはしないでください。金が無いのならば、同じ牛肉でも、安い値段で大量に買える吉野家の牛丼パックとかにしてください。

     あくまでも、金がある人は、松坂牛とかタラバガニとか買ってください。今の私のように金が無いのならば、無理して背伸びせずに、安い値段の品物を購入するようにしましょう。

     まあ、食事に関する想いということで、長々と書いてきましたが、私は全く美食のセンスはありません。吉野家とか長崎ちゃんぽんのリンガーハットとかの安い食事で満足できる人間なのです。

     でも、たまには、もしもあなたにお金が潤沢にあるのならば、当サイトに貼ってある松坂牛とかの高級肉とか高級チョコレートとかを注文してみるのも良いことだと思います。

     私も、もしも今後の人生が奇跡的に上手く進んで、月収60万円以上も儲けられるような状況に至ったならば、人生で初めて自分の金で、セルフバックの案件のバナーにて、松坂牛とか高級チョコレートとかを注文してみたいと思っています。

     だから、私は、今はまだ低い値段の食品しか自主的には買えませんが、いつかは高級品を年に何度か買えるような、そんな立場に私はなっていたいと思っています。

     買い物のススメ制作者 齋藤健一